空調設備機器は大凡15~20年程度の使用は一般的で、それ以上の期間利用されていることも珍しくありません。
人も機械も長く使われていると部品の劣化や摩耗がおこり、能力が低下します。
定期的に診断を行い、その結果を基にメンテナンスをすることによって、機能や効率の回復をすることができます。

メンテナンスは空調機器の機能を熟知し、なおかつ部品の取扱いや使用状況を理解し、調整、部品交換を適切に行えなければなりません。

代表的なメンテナンス項目

  • モーター部品交換、モーター本体交換
  • ファンランナ洗浄、ファンランナ交換
  • コイルフィン洗浄、コイル交換
  • センサー交換
  • 制御弁交換
  • コンプレッサー交換
  • プーリー交換
  • ベルト交換
  • フィルタ交換
  • 加湿器交換
  • 補修塗装

代表的なメンテナンス実例