高効率ファンや高効率モーターへ変更したり、最適な風量制御方式の採用、低圧損フィルタの採用によって消費エネルギーを削減することができます。
全熱交換器などの熱回収装置を組み込むことによって更に消費エネルギーの削減を図ることができます。