浮遊菌数をリアルタイムで把握することによる利点

浮遊菌の測定には、エアーサンプリングと培養法が、これまで長年にわたり利用されています。しかしながら、培養と分析には通常数日間を要し、その間に汚染された製品が製造されている可能性があります。

製造プロセスが監視され、制御されていることの確認を求められる現在において、汚染発生をリアルタイムに検出し、製品への影響の可能性を最小限に留めるべく、直ちに対策をとることが最大のテーマとなっています。

TSI社製のリアルタイム浮遊生菌数測定器 BioTrak 9510-BDは汚染発生をリアルタイムに検出し、さらなる製造環境の安全性向上に貢献することができます。

菌粒子の判別

浮遊生菌粒子の判別は容易ではありません。通常捕集される浮遊粒子には
非生菌
生菌
非生物粒子
非生菌蛍光粒子(花粉や紙など)
VBNC(生きているが培養できない微生物)
などが含まれます。パーティクルカウンタとTSI社独自の生菌判別アルゴリズムによる詳細な特性評価技術により、今日のマーケットで最も優れた生菌判別を提供します。

BioTrak 9510-BDの核心はレーザー誘起蛍光法(LIF)です。微生物粒子に紫外線レーザー光が照射されたとき、レーザー光が励起光となり、粒子が蛍光(違う波長の光)を放ちます。NADHやフラビン(リボフラビン)、トリプトファンなどの生存する細胞の様々な細胞代謝物は、レーザー誘起蛍光法(LIF)における基本的な指標です。

BioTrak 9510-BDでは、蛍光検出部を2チャンネル使用することで、より高度な生菌判別を実現しています。

図1 単一チャンネルの蛍光検出の場合、花粉と微生物を区別することはできません。
図2 2つ目の蛍光チャンネルを追加することで、花粉と微生物の違いが明らかになります。