構成材の保護

空調機器は主に鉄などの金属で構成されます。これらの構成材は塗装膜が健全に維持されていなければ、常に空気中に含まれる湿気やガス成分、温度変化にさらされることにより、腐食や酸化が進行してしまいます。空調機器を長期間運用するためには保護被膜(塗装膜)の維持が大切な役割を果たします。塗装膜が劣化して、構成材の風化が進む前に塗装膜を健全に保つことが望まれます。

ケース1

補修塗装前

補修塗装後

ケース2

補修塗装前

補修塗装後

放置すると発生する不具合

構成部材の腐食が進行し、機器の更新サイクルが短くなる。