長寿命タイプフィルタとは

フィルタの構造を見直すことにより、ろ材面積を従来型より多く織り込む構造によって、長寿命化ができ、ランニングコストが大幅に低減できます。

長寿命型中性能フィルタ、HEPAフィルタの特徴

1) ランニングコストの低減
2) 交換サイクルの長期化により、交換作業の手間と廃棄処分量を低減

ランニングコストグラフ(イメージ)

低圧損タイプであり、なおかつ長寿命タイプの特徴を持った製品もご用意しております。
2つの特徴を併せ持ったフィルタに変更すると約45%(当社比)のコスト削減が得られます。