はじめに
日々のご使用で劣化しつつある設備機器、建物を継続的に長期間運用するためには、定期的に保全、修理、リニューアルを施すことが必要不可欠です。
普段はお客様が目にすることができない部分を、プロフェッショナルの目で確認し、『設備機器の生涯コスト(ライフサイクルコスト)の最適化』をお手伝いを致します。

最適化の手順
設備機器の維持管理手法には故障発生ごとに部品交換や更新を行う『事後保全』と定期的に診断、清掃、洗浄、劣化部品の交換など施しながら維持管理していく『予防保全』があります。 事後保全や予防保全のタイミングに合わせて最新のトレンドを取入れた『省エネルギー対策』を施すことにより、設備機器の使い始めから使い終わりまでの生涯コスト(ライフサイクルコスト)を低減することができる可能性があります。 先ずは現在お使いの設備機器の状態把握をさせて頂いたうえで、改善方法のご提案をさせていただきます。

設備診断の流れ(ライフサイクルマネジメントサポート)

弊社へご依頼いただくメリット
業種ごとに分業化されたグループ企業の各専門知識を最大限に活用し、最新の市場トレンドを安定した品質でお届けいたします。