熱回収機能の適正維持

熱交換器ローターは室内から排出される空気に含まれる熱量を回収し、新たに取り入れされる新鮮な空気に熱量を放出する省エネルギー機器です。熱交換器ローターが適切に能力を発揮できなくなると、冷熱源機器において必要以上に熱量を作り出さなくてはならなくなるので、エネルギーロスが増加します。適切なタイミングで回収熱量と移行熱量の確認と機能の点検、必要に応じて清掃をおこない、適切な能力を維持することを推奨します。
経年により劣化が進行した熱交換器ローターはリニューアルすることにより、エネルギー消費量の適正化が望めます。

ローターの交換前 

古いローターを撤去後

新しいローターを設置後

放置すると発生する不具合

熱回収効率が低下する。
熱量ロスが増加する。